信頼できる歯医者さんに任せて健康的な生活を送る

治療中の患者

街の歯医者から大学病院でしか受けられない技術まで、いろんな技術が今歯科医療では生み出されている。インプラントや削らない虫歯治療など、昔では考えられない技術が体験できる。

患者と女性医師

審美歯科という歯科技術も同時に発達してきており、欧米のようにホワイトニングを街の歯医者さんで受けることも可能になっている。歯が美しくなれば自信をもつことができる。

手前に腕を組む男性医師

普段から歯医者を利用し、歯のメンテナンスを行なうことは大事である。歯磨きでは落とすことのできないプラークが歯には溜まっているため、定期的に歯石除去を利用することが大切である。

医師二人で患者を治療中

歯石除去や虫歯治療、歯列矯正などを利用するためには定期的に歯医者に通わなければならない。このため、通いやすい歯科医院を探しておくことが大事である。立地や技術などで決めることになる。

定期的に通う

歯ブラシを持つ女の子

QOLという考え方があるが、これはクオリティ・オブ・ライフの頭文字を取ったものである。
人間は病気になってしまえばその治療に追われることとなる。
今は医療技術も進歩してきているため、病気になっても完治することが可能な時代である。
そのうえでQOLという考え方が出てくる。
体の安全が確保された上で、更に生活の質を上げることを人間は求めるものである。
病気の治療が確立されたならば、そもそもその病気にかかり、余計な細胞をなくさないために対策することが大事となる。
それが予防ということである。
特に歯科の分野でこの生活の質を向上するということは盛んに叫ばれている。
口元が健康であれば、健康になり、美容の面でも良く、体のバランスを取るのにも繫がる。

ところで、虫歯になりやすい人となりにくい人がいる。
これは個人の遺伝が関係するものでもあるので、普段のブラッシングが特別悪いので虫歯になりやすくなるというわけでもない。
人の顔は一人ずつ異なることから分かるように、一見同じように見える骨格も違うのである。
骨格が違えば、歯並びも違ってくる。
もともと歯列が完璧に揃っている人もいれば、顎が小さいために歯がうまく生え揃わない人がいるのは骨格が違うためである。
こうした一人ずつの違いを認識し、ブラッシングなどのアドバイスをしていくのがかかりつけの歯医者である。
自分の歯の状態を知っている人がいれば、普段から相談することができる。